中日對照讀新聞》ローソンが完全無人化実験へ 日便利商店「羅森」將試驗凌晨完全無人營業


2019-04-01 06:00

◎茅毅

ローソンは29日、午前0時から午前5時までの深夜帯の営業を完全無人化する実験を7月ごろから開始すると発表した。人手不足の深刻化でコンビニの24時間営業の見直しを求める声が高まっており、無人営業が可能かどうか検証する。

日本超商「羅森」(LAWSON)3月29日宣布,自7月左右起,開始試驗自午夜12點至清晨5點的深夜時段,採取完全沒有店員的營業模式。由於人手不足,要求檢討便利商店每天24小時營業的聲音愈來愈大,此舉將驗證無人便利商店的構想是否可行。

フランチャイズ加盟店を含む2店舗で行う予定で、具体的な実施地域は検討中としている。期間は数カ月間の予定。来店者はスマートフォンアプリを使って解錠して店に入り、セルフレジやスマホを活用して決済する「ローソンスマホレジ」を使って商品を購入する。

預定在包括旗下連鎖特許加盟店的2間門市試行,正考慮挑選哪個地區的門市做為試驗店。這次試驗將為期幾個月。顧客以智慧型手機應用程式解鎖後進入店內,藉由運用自助收銀機和智慧型手機結帳與支付的「羅森智慧型手機收銀機」購物。

コンビニ業界では先週、セブン-イレブン・ジャパンが営業時間の短縮実験を始めるなど、24時間営業の見直しを摸索する動きが出ていて、ローソンでは、デジタル技術を使った人手不足対策に乗り出します。

在日本超商業界,「日本7-Eleven」(Seven-Eleven Japan)上週(譯按:本報見報已是上上週)開始試驗縮短營業時間等(新的營運模式),正探尋檢討(目前的)24小時營業制。羅森則利用數位技術,針對人手不足的問題積極採取對策。

ニュース・キーワード新聞辭典

解錠(かいじょう)する:動詞,解鎖。例:解錠とは錠(じょう)を壊(こわ)さずに開(あ)けること。(解鎖是指在不破壞鎖的情況下打開鎖。)

乗(の)り出(だ)す:動詞,本文作積極採取(從事)…。例:具体的(ぐたいてき)な対策(たいさく)に乗り出す。(積極採取具體對策。)

単語を読みましょう

深夜帯(しんやたい)/無人化(むじんか)/人手不足(ひとでぶそく)/コンビニ(コンビニエンスストア的縮寫、英文convenience store,便利商店)/フランチャイズ(英文franchise,加盟連鎖、特許加盟)/加盟店(かめいてん)/店舗(てんぽ)/来店者(らいてんしゃ)/スマートフォンアプリ(英文smartphone application,智慧型手機應用程式、行動應用程式)/セルフレジ〔英文self+regi(ster),自助(式)收銀(結帳)機(台)〕/短縮(たんしゅく)/摸索(もさく)/デジタル〔英文digital,數字(位)的〕/決済(けっさい)

  • 日本東京一家「羅森」便利商店門市。(彭博檔案照)

    日本東京一家「羅森」便利商店門市。(彭博檔案照)