《中日對照讀新聞》新政府専用機、初の任務飛行 安倍首相が欧米歴訪 日本行政專機首次出任務 首相安倍遍訪歐美


2019-04-29 06:00

◎茅毅

新しい政府専用機が22日午前、初めての任務に就いた。欧米を訪ねる安倍晋三首相らを乗せて羽田空港を飛び立った。B-777は、約25年運用し3月31日に退役した「B-747-400」の後継機で、民間機のボーイング777-300ER型機を改修した機体。初号機が2018年8月17日に、2号機は12月11日に航空自衛隊の千歳基地へ到着し、国内外で訓練を行ってきた。

日本新的行政專機4月22日上午執行首次任務。搭載訪問歐洲和美國的首相安倍晉三等要員,從東京羽田機場起飛。舊的波音747-400型(B-747-400)行政專機在服役約25年後,於3月31日退役。其後繼機型採用改裝波音777-300ER型客機的波音777(B-777)。新行政專機的1號機、2號機先後於2018年8月17日、12月11日飛抵航空自衛隊位於北海道的千歲基地,並在日本國內外進行訓練。

2019年度4月から政府専用機として正式運用する体制になった。B-777は、整備や教育の委託先が従来の日本航空から全日本空輸の親会社であるANAホールディングスに変わった。

該B-777飛機自2019年4月起,正式做為行政專機開始服役。一改以往委託日航(JAL)進行保修和相關人員教育訓練等的做法,由全日空(ANA)母公司ANA控股公司負責。

新型機は全長74メートル、幅65メートル。「空飛ぶ官邸」とも呼ばれる機体は「よりエコにより快適に進化した」(運航を担う航空自衛隊)という。首相が搭乗する本務機には初号機が使用され、2号機も予備機として同行する。

該B-777飛機全長74公尺、翼展65公尺。日本行政專機也被稱為「空中官邸」,負責飛航的空自表示,(新機)「升級,更環保、更舒適」。安倍這次出訪搭乘的是1號機,2號機也做為預備機同行。

ニュース・キーワード 新聞辭典

就(つ)く:動詞,從事…。例:会長(かいちょう)の任(にん)に就く。(就任會長(總經理)。)

飛(と)び立(た)つ:動詞,飛上天空、飛起來、高興得跳起來、雀躍。例:合格(ごうかく)と聞(き)いて飛び立つばかりの思(おも)いだった。(聽到考上的消息,開心得快要跳起來。)

単語を読みましょう

歴訪(れきほう)/訪ねる(たずねる)/後継機(こうけいき)/ボーイング(英文Boeing,波音公司)/初号機(しょごうき)/2号機(にごうき)/国内外(こくないがい)/委託先(いたくさき)/日本航空(にっぽんこうくう)/全日本空輸(ぜんにっぽんくうゆ)/親会社(おやがいしゃ)/ホールディングス(英文holdings、HD,控股公司)/新型機(しんがたき)/全長(ぜんちょう)/幅(はば)/メートル(英文meter(或metre),公尺)/エコ(片假名エコロジー的簡寫、英文ecology,生態(學)、環境(保))/担う(になう)/本務機(ほんむき)/同行(どうこう)

  • 新的日本政府行政專機從東京羽田機場起飛,搭載日本首相安倍晉三飛往歐洲和北美洲訪問。該機由美國波音777-300ER客機改裝,僅供首相等要員使用。(法新社檔案照)

    新的日本政府行政專機從東京羽田機場起飛,搭載日本首相安倍晉三飛往歐洲和北美洲訪問。該機由美國波音777-300ER客機改裝,僅供首相等要員使用。(法新社檔案照)