中日對照讀新聞》 若返り酵素か マウスの毛づや良く、寿命延びる 發現回春酵素?實驗小鼠毛色漂亮、壽命延長


2019-06-24 05:30

◎茅毅

若いマウスの血液に含まれる特定の酵素を老いたマウスに注射すると、身体機能の低下が抑えられ、寿命が延びるなどの効果が確認できたと、米ワシントン大の今井眞一郎教授らのチームが発表した。論文が14日、米科学誌セル・メタボリズムに掲載された。この酵素は「eNAMPT」と呼ばれ、体内の脂肪組織で作られ、血中を巡っている。

美國華盛頓大學(University of Washington)教授金井真一郎等人組成的研究團隊指出,已經確認將年輕實驗小鼠血液中含有的特定酵素,注射到年老實驗小鼠(體內),具有可抑制身體機能衰退、延長壽命等效果。這篇論文刊登在美國科學期刊《細胞代謝》(Cell Metabolism)上。這種酵素被稱為「eNAMPT」,由(小鼠)體內的脂肪組織製造,在其血液中流動。

チームは比較的高齢のマウス(人間で50~60歳代)と若いマウス(同20~30歳代)で、血中の酵素の量を比較。高齢マウスではオスで3割、メスで7割減少し、血中量が少ないほど余命が短い傾向があった。若いマウスから取り出した酵素を高齢マウス12匹(人間で70~80歳代)に3か月投与すると、投与しないマウスより毛づやが良くなり、動きも活発になった。寿命は最大で約16%延びたという。

該研究團隊將相對年老的實驗小鼠(相當於人類50幾歲到60幾歲),與年輕的實驗小鼠(相當於人類20幾歲到30幾歲)血中的酵素量做比較。在公小鼠部分,相對年老的比年輕的減少30%;母小鼠則是相對年老的比年輕的減少達70%,血中的酵素量愈少,(最後發現這樣的小鼠)剩下的壽命愈短。將從年輕小鼠(血中)取出的該酵素,注入12隻(相當於人類70幾歲到80幾歲)年老小鼠(體內),為期3個月,相較於未被注入該酵素的年老小鼠,毛色變更漂亮,動作也變靈活。據悉壽命最高延長約16%。

今井教授は「eNAMPTの投与で健康寿命を延ばせる可能性がある。人工合成の技術を確立したい」と話す。片桐秀樹.東北大教授の話「寿命や老化を決めるメカニズムの解明につながる画期的な成果だ」。

金井教授表示,「藉由注入eNAMPT,可能得以延長『健康壽命』(指在日常生活能自理、行動自由等狀態下能活到幾歲)。希望(研發出)人工合成(該酵素)的技術」。(日本國立)東北大學教授片桐秀樹亦指出,「(該研究係)與解開決定(動物)壽命及老化等機制有關的劃時代(研究)成果。」

ニュース・キーワード 新聞辭典

抑(おさ)える:動詞,控(抑)制、忍住。例:価格(かかく)を抑える。(控制價格。)

巡(めぐ)る:動詞,循環、圍(環)繞、關於。例:彼(かれ)を巡る噂(うわさ)は多(おお)い。(有關他的傳聞很多。)

単語を読みましょう

若返り(わかがえり)/酵素(こうそ)/毛づや(けづや)/寿命(じゅみょう)/身体(しんたい)/ワシントン(英文Washington,華盛頓、華府)/今井眞一郎(いまい しんいちろ)/チーム(英文team,團隊)/血中(けっちゅう)/余命(よめい)/投与(とうよ)/活発(かっぱつ)/人工合成(じんこうごうせい)/片桐秀樹(かたぎり ひでき)/東北大(とうほくだい)/メカニズム(英文mechanism,機制)/画期的(かっきてき)/老いる(おいる)

  • 日本橫濱國立大學一個實驗室裡的實驗小鼠,研究人員使牠背上生成一小撮毛髮。(路透檔案照)

    日本橫濱國立大學一個實驗室裡的實驗小鼠,研究人員使牠背上生成一小撮毛髮。(路透檔案照)